<< 六月 芍薬とみつこ >>

豆本にわくわく

先週の土曜日、
浅草橋の東京卸商センターで行われた『豆本フェスタ2』に行ってきました。
東京スカイツリーが遠くに見える、川沿いの建物。時折吹く風が心地よい場所でした。



11時に開場になり、広い室内もあっという間に人人人。
最初は、作家さんの豆本が¥100で購入できる(3回まで)「豆本がちゃぽん」へ。
それから、ゆっくり見て歩きました。

どのブースの作家さんたちも、すごい!
豆本初心者のわたくしとしては、感動の連続!!
クオリティも高く、ひとつひとつが丁寧で、
心がこもっている作品は、見ていても飽きない、わくわくさせられるものがありました。

うーん。やっぱり、本文があっての豆本なのね。と、実感。
気になっていた作家さんの作品に触れることもでき、感動のひとときでした。


浅草橋といえば、懐かしの問屋街!
久しぶりに、丹波屋やシモジマのフラワー&クラフトのお店に行って、ちょっとお買い物。

その後、行ってみたかった、谷中のステンドグラスのお店に行ったり、
アンティーク雑貨のかわいいお店、ビスケットに行ったり、
谷中の墓地を通ったり、(笑)
美味しいシュークリームを食べたり、、、
一日中歩いて、足はちょっとお疲れモードでしたが、充実した一日を過ごしました。

つき合ってくれた、Kちゃん、Oちゃん、ありがとう♪

写真は、代表の田中栞さんの『寝ても覚めても豆本づくり』のキットを作ったもの。
運良くぎりぎり先着50番に入り、ゲットした、
開催記念プレゼント『とじ郎倶楽部・特製豆本キット』です。

他にも、自分で作れるキット4冊分がついていました。
(L判16分の1サイズで、1冊が作れます。)

e0177118_1511276.jpg

[PR]
by che_ehehe | 2010-06-16 15:16 | diary
<< 六月 芍薬とみつこ >>